院内感染予防の取り組み

「自分たちでも安心できる歯科医院づくり」をテーマに院内感染予防のために、衛生管理に力を入れて取り組んでいます。院内感染とは患者様から他の患者様への病気の感染です。歯科医療の現場では、B型肝炎、HIVなどウィルスへの対策が欠かせません。

当院では特に、肝炎など感染症をお持ちの患者様が来院された際などは、大学病院レベルの対策を実施しています。

また、感染症だけでなく、歯科医院ではお口の中を触るため衛生面はとても気になりますよね。例えば、他の患者様のお口の中を触った手袋のまま、自分の口を触られたらいかがでしょうか? 当院では、必ず手袋は患者様ごとに交換をしています。

その他、治療を受けるだけでは患者様には分かりにくい、衛生管理の取り組みやこだわりを持って診療を行っております。その一部をご紹介したいと思います。

手袋は全て患者様ごとに交換

当院では、全員が患者様ごとに、手袋の交換を必ず行っています。

法律では定められてはいないのですが、他の方の口を触った後に、消毒をしたとしても自分の口を触られるのは抵抗感がありますよね。

「自分がされて嫌なことは、しない。」というシンプルな方針からのこだわりです。

専用の滅菌器で完全滅菌します

治療に使用する全ての器具を、患者様ごとにオートクレーブ(高圧蒸気殺菌装置)という専用の機器を使用して完全滅菌しています。

肝炎やHIVを始め、全てのウィルスや微生物、雑菌を殺菌しています。

全ての器具を個別に滅菌しています

治療に使用する短針やミラーなどの器具は、1本1本個別にパックしてオートクレーブ(高圧蒸気殺菌装置)滅菌を行なっています。

パックにすることで、準備段階で汚れてしまったりすることがなく、無菌状態のまま治療に使用できるので安心です。

手間はかかりますが、重要なポイントです。

歯を削るドリルも患者様ごとに滅菌をしています

歯を削るためのドリルは、内部が非常に複雑な形態をしているため、従来は滅菌することができませんでした。

つまり、血液や唾液が器具類に入りこんでも滅菌ができていないという可能性があったのです。

当院では専用の光滅菌器という器材を用いることで、ドリルも滅菌して清潔な状態で治療を行うことができています。

落ちにくい汚れには超音波洗浄機

器具には「目に見えない汚れ」も沢山付着しています。
消毒・滅菌処置を行なう前にこれらの汚れを完全に除去しなければなりません。

汚れが完全に落とせていないと、滅菌・消毒をしても完全でない場合があり、『二次感染』の恐れがあるためです。

目に見えない汚れまで落とすため、超音波洗浄機を使用した上で、滅菌・消毒をしており、どんな汚れにも対応出来るようにしています。

手袋以外も、できる限りの使い捨て(ディズポーザブル)製品

手袋だけでなく、エプロン、ヘッドカバー、コップなどを、環境に優しい使い捨て製品(ディスポーザブル製品)を適切な衛生管理の元、使用しています。

もちろん、患者様ごとの使い回しはありません。
患者様目線に立ち考え、できるだけ不快感なく治療をお受け頂けるようにしています。

感染症対策の徹底をしています

肝炎の患者様がいらしたときのマニュアルを完備し、徹底して感染症対策を行っています。機材の消毒や、可能な限りディスポ製品を使うのはもちろんのこと、ユニットの取っ手や器具類をビニールで覆うなど、様々な対策をしています。

この点は大学病院レベルの対応をしていると自負しております。実習で来院する衛生士学校の学生など、他の実習先の歯科医院との違いに驚くほどです。

PageTOP

PageTOP ▲