虫歯治療

虫歯かなと思い、歯医者へ行く時に最初に頭によぎるのは、「痛いのは嫌だな・・・」ということではないでしょうか。

当院では、患者様の負担を最小限に抑えるために、無痛治療にこだわって診療をしています。

※無痛治療については詳しくは、こちらのページをご覧ください。

なるべく削らず、確実に虫歯を除去

虫歯になってしまったら、確実に削り取らなくては痛みが再発してしまう可能性があります。そうなると、再び広い範囲を削らなくてはいけなくなり、さらに歯の寿命が短くなってしまいます。

しかし、ただ削れば良いというわけではありません。エナメル質は、歯を守る大切な部分です。削りすぎると歯を守る部分が減り、被せ物などの人工物との接触範囲が広がってしまうので、虫歯リスクが高まってしまうのです。

治療を長持ちさせるためには、なるべく削らず、かつ徹底的に虫歯を除去することが重要なのです。なるべく「削らず」、「確実に虫歯除去」をするために、特に下記の点にこだわっています。

肉眼では不可能なレベルの精密治療

必要に応じて、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)、拡大鏡という装置を使用して治療を行います。

これらは、視野を最大20倍まで拡大して治療を行なえます。肉眼で治療を行うよりも、虫歯を正確に取り除き、歯を削る量も最小限に抑えることができます。

→マイクロスコープによる精密治療についてはこちら

う蝕検知液(うしょくけんちえき)の使用

う蝕検知液を塗布することで、むし歯の部分が着色するため、確実にむし歯を取りのぞき、無駄な部分を削らずに済みます。

患者様からはどのくらい削ったかは分かりにくいものですが、なんとなく削って終了という治療は行いません。

虫歯除去の徹底

虫歯の部位を探針という器具で、削り残しがないか丁寧に確認をしながら治療を進めます。

ただ早く治療を終わらせるためにスピード重視の治療を行うのではなく、1本1本の虫歯を確実に除去するために丁寧に時間をかけて治療を行っています。

削ったあとの痛みの再発を防ぐ

虫歯を削った後に、しみたり痛みが再発したりすることを防ぐため、削った部位に水酸化カルシウム製剤を入れて、その後に型を取ります。患者様からは見えづらいところですが、このちょっとした一手間が、長持ちさせることにつながるのです。

根の治療を丁寧にすることが再発防止につながります

「根の治療って、どうしてこんなに回数がかかるの?」
「何回通わなくてはいけないの?」
「歯医者って、わざと回数をかけているんじゃないの?」

現在歯医者にかよっている方や、過去に通っていたことがある場合に、このような不満をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

深い虫歯の場合には、細菌に感染した神経を取り除く治療が必要となります。これが根の治療です。

この治療を適当に終わらせてしまって神経を取り残してしまうと、かなりの確率で痛みが再発します。

しかし、徹底して神経を除去するには時間と回数が必要なのです。なぜなら、歯の根は非常に複雑な形をしているからです。

もちろん、目先の痛みを取り除くためだけの処置で終わらせることはできます。しかし、それでは歯を長期的に守ることにはつながりません。

当院では、最大限歯を保存するため、徹底的に神経を取り除く治療にこだわり、歯を長持ちさせるための治療を大切にしています

なるべく患者様の負担を軽減するために早く治療を進めることも目指しながらも、丁寧な治療を優先して治療を行っています。

詰め物・被せ物の精度で虫歯の再発を防ぐ

型採りの精度にこだわる

被せ物や詰め物を作成する場合には、印象材という材料で歯の型を採る必要があります。この型採りの精度が低いと、歯に合わない被せ物ができてしまいます。

また、石膏をすぐに注がないと変形してしまい、やはり精度が落ちます。そうすると、隙間や段差ができてしまい、虫歯が再発しやすくなってしまうのです。

精度の高い印象を採るために、歯科医師・スタッフ全員が練習を繰り返し、当院の基準をクリアした者だけが実際に型採りの作業を行います。また、すぐに石膏を注ぐことで、変形を防ぐ努力をしています。

歯のすり減りや、咬み合わせにも対応

歯ぎしりがあったり、噛む力が強い場合には、歯がすり減っていることがあります。その場合には、かぶせものを製作する段階で、調整を行っています。咬み合わせのバランスが悪いと、歯への力のかかり具合が悪くなり、他の歯の寿命まで縮めてしまうからです。

自費診療の被せ物・詰め物でさらに精度高く

国の保険で認められている銀歯では、素材の関係でどうしても精度に限界があります。もちろん、保険適用内でも上記までに記しているように、なるべく精度の高い治療を大切にしています。

ただ、さらに虫歯リスクを減らしたいという方に、非常に精度が高く虫歯の再発リスクを抑えることができる自費診療も対応していますので、お気軽にご相談下さい。

PageTOP