審美歯科

審美歯科とは

美しいスマイルは、人に対してさわやかで、清潔で、明るいイメージを与えます。

口元にコンプレックスを感じておもいきって笑えなかった方が、歯並びや歯の色を変えてあげることで、コンプレックスがなくなり素敵な笑顔になります。

審美歯科と保険

「えっ、セラミックの歯?そんなの関係ないよ。プラスチックの歯とどこが違うの? 」 「ホワイトニング?歯を白くするのに意味があるの?」 「奥の歯は別に、見えないからなんでもいい」 このような考え方の患者様、まだ多いようです。

保険と自費、迷ったことありませんか?どこが違うのでしょうか?正しい知識をお持ちですか? 実際に歯科診療をしている側から見ると保険診療には残念ながら限界があるというのが実際のところです。

保険治療は、国が定めた材料と技術で治療します。決して不十分ということはありません。 しかし、時には保険治療以外の材料と技術を用いる自費治療を提案することがあります。患者様のお□の中の状況、生活環境や生活習慣などを考虚し、最適と思われる材料と技術を選ぶと、治療計画が保険の適用範囲を超えることがあるからです。

自費治療は、使用する材料も、かぶせ物や入れ歯などの製作方法も異なるので、保険治療に比べて費用は高くなります。

保険の前歯の特徴

保険前歯は白い部分がプラスチックで裏が銀で補強されています。プラスチックは材質的に弱く、硬いものを食べると破損したりします。
また、プラスチックといっても吸水性があるので2~3年で変色してしまいます。
皆さんの周りでも前歯だけ不自然に変色されているような方、いらっしゃるのではないのでしょうか?口臭の原因にもなります。

保険の奥歯の特徴

保険の奥歯は銀歯になります。ただ、大きな口を開けて笑うと、奥歯でも前歯より大きい分だけ目立ちます。人と話していて、他人の銀歯が気になることあるのではないでしょうか?
患者様と会話していると、奥歯もできれば白くしたり、というご希望の方多いです。
ということは、本人は気にならなくてもそれに気づいた周りの人は気にしているのかもしれません。

銀歯は気になる?気にならない?

つまり、それぐらい、他人から見ると歯というのは見た目に影響があるということなのではないでしょうか。

美容と健康にとても気遣っている女性がいるとしましょう。当然ファッションにも気を使います。

そんな女性でも、笑うと銀歯が見えたらどう思われますか?「顔も見た目も良いのになあ、もったいないなあ」と思いませんか? 最近のある女性雑誌が行ったアンケートでは、美容外科を抜いて第1位になったのは審美歯科だそうです。

白くてキレイな歯が見える笑顔と銀歯がキラッと見える笑顔ではどちらが良いでしょうか? その違いにはどれだけの価値があるでしょうか? 歯と同様の色調で修復する美しい前歯はもう当たり前。でも、見えにくい奥歯も綺麗にしてみたいとは思いませんか? 笑顔がステキな人ほど、やはり、印象というのは良いものですが、その第一印象が仕事においても重要なのは言うまでもありません。

ということは、第一印象にも影響する笑顔、そこに銀歯があるかどうかも仕事において重要ということになるのではないでしょうか。

たとえば、営業をされてる方の営業成績に、会社を経営されてる方の会社の業績にも影響を与えてくるということがあるのではないでしょうか。

また、保険の銀歯は変色しやすく、金属アレルギーが問題になっています。アレルギーが心配な人にもお勧めできません。。

見た目が気になる人の対処法

私たちクリニックのスタッフ全員、あなたの美しさと笑顔、そしていつまでも続く健康を願っています。 あなたの日々の生活を充実させるために『美しい歯』を取り戻す治療を行っています。

1.クリーニング

歯の表面についた歯石・歯垢・着色やタバコのヤニをお取りします。
歯周病のメンテナンスにもなります。フッ素塗布の前処置でも行います。

2.ホワイトニング

ホワイトニングって何? ホワイトニングとは、「歯自体を明るい白さに改善する」という治療で、近年まで不可能と認識されていた治療法です。

イメージとしては「黄ばんだシャツを真っ白にする」感じです。歯本来の色を白くすることです。

タバコを吸っている方にはお勧めできません。タバコの色素が付着しやすいからです。

3. ラミネートベニア

歯の表面にセラミックの薄片を貼り合わせることで、歯の色を白くします。
ホワイトニングより確実に白くなりますが、歯を削る必要があります。かみ合わせの問題で、お勧めできない事あります。

4. セラミッククラウン、インレー

クラウンは歯全体を覆う被せ物、インレーは虫歯を削った後に入れる詰め物です。セラミックでできているため歯と同じ白さが再現できます。保険ですと通常銀歯になります。

オードリーヘップバーンの奥歯はセラミック(陶歯)だった

世代を越えてぃつまでもファンの多いオードリーヘップバーン。 彼女の最大の魅力のひとつは、あの妖精のような笑顔にあったのではないでしょうか?

時には悲しそうに、時にはひっそりと、そしてある時はハツラツと元気に、大きな目を開いて笑ったオードリー の歯には1本の虫歯の痕跡すらありません。もし1本でも虫歯があったら、かなり印象が違っていたのではなぃでしょうか?

実は彼女の奥歯はセラミックという非常に自然に見える陶歯で修復されていたというのですが…。 もちろん歯の役割はいうまでもなく、ちゃんと噛み、きちんとした発音を助けることです。

食べものをしっかり噛めないとおいしくないばかりでなく、偏食しやすくなり、健康にも悪い影響をおよぼします。

また、咬み合わせなどの原因によって、しっかり発音できない場合や、歯並びが悪い、歯が変色していて気になるなどの場合は、人と楽しく話せないなど、精神的にもよくありません。

食べものをおいしく食べて健康に、そしてオードリーのように明るく笑って過せたらどんなに素晴しいことでしょう。

保険治療と保険外治療の精度について

今までは保険治療と保険外治療の外観について説明いたしましたが、それ以外にも大きな差があります。それは目に見えない精度の違いです。

保険制度では、まず、ひとつの治療がいくらと枠が決められています。技術的に優れた医師が行っても、そうでない医師が行っても同じです。

また、同じ処置なら基本的に難しい症例でも易しい症例でも同じです。しかも、その金額の設定は低く抑えられています。保険制度の欠点です。

ですので、難しい症例でも治療の迅速さが必要になってきます。保険外の治療でしたら特別迅速にならず、歯科医師も納得した時間と手間をかけられるため、どうしても精度に差が出てきてしまいます。

たとえばよく使われるのが既製服とオーダーメードの違いです。
「少しきついかな!デザインは好きなのに。太っている自分が悪いのかな?」
「サイズはちょうどいいけど違う色はないのかな」
「このスーツ長く着るとなぜか肩がこるんだよね」
これと似たようなことが残念ながら歯医者の治療にも時としてあります。

保険治療は使える材料や時間等が限られるため、場合により妥協の治療にとなることがあります。 すると前述のように、既製服が体型に合わないような不具合がおきます。
咬み合わせが不完全だったり、被せ物に隙間ができてしまったり。

仕方がないので、もう一度型取りからやり直したり。
患者様も治療の回数が増えたりします。当然、保険の治療でも、ベストは尽くします。ただ場合により歯科医師も残念な気持ちになることがあります。

自分の口元に自信を持って生活していけること 自分の口を健康に保つために、最高の治療を受けること これらに、あなたはどれだけの価値を見出すでしょうか?
価値を感じる方には、保険外の治療も検討されることをオススメします。

審美歯科の治療例

前歯部

前歯2本が虫歯と以前治療した部分が古くなって、非常に見た目が悪くなっています。
隙間も気になります。 前歯2本をセラミックの冠で治療、隙間もなくとてもきれいになりました。

臼歯部①

奥歯に金属の小さな詰め物があり、大きな口をあけると気になります。
セラミックの詰め物でつくった修復物で治療。 自分に合った色合いでとても自然になりました。

臼歯部②

右奥歯に金属の冠と小さな詰め物があり、奥歯の見た目も気になります。 セラミックの冠で治療終了。
もう口元を気にする必要はありません。

臼歯部③

奥歯に金属の冠と小さな詰め物があり、奥歯の見た目も気になります。 セラミックの冠で治療終了。
もう口元を気にする必要はありません。

ホワイトニング

ホワイトニングとは

白い歯は、あなた自身の美しさと輝きのもと。 当院で用いる「NITEホワイト・エクセル」は短時間で安全にかつ効果的にホワイトニングが行えるシステムです。

当院にて作製された透明なマウストレーに「NITEホワイト・エクセル」ジェルを用いて使用することができます。

ホワイトニング Q&A

なぜ、歯は変色するのでしょうか?

変色にはさまざまな原因が考えられます。
一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラ、タバコなどによる着色、そして、外傷や歯の古い修復物によるものです。

また、発育期の抗生物質(テトラサイクリン等)の服用による副作用の変色も考えられます。

どんな人でもホワイトニング可能でしょうか?

ほとんどの方が可能です。 しかし、それほど効果がない場合もあります。
歯科医師による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。 歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか? 通常は数日後に効果が現れ始めます。

個人差にもよりますが、2週間続けることで効果ははっきりでます。

効果はどのくらい持続するのでしょうか?

個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。

しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要となりますので、定期的に歯科医師による診査や診断を受け、継続的に来院してください。

PageTOP